スケジュールとチームキットを少し紹介

0

    こんにちは。

     

     

    このブログを読んでくださる読者のほとんどが日本在住と思いますが、フランス時間で現在17時、日本は+8時間でAM1時でしょうか。

     

     

    翌日の朝にでも読んでくだされば幸いです。

     

    おはようございます。

     

     

     

     

     

    さて、スペインで合宿を行っていた我々ですが、「トロピカル・アミサ・ボンゴ」に出場するメンバー↓

     

    ・別府さん🇯🇵

    ・ジュスタン ジュル🇫🇷

    ・ラムナス ナヴァルダスカス🇱🇹

    ・リカルド ミナリ🇮🇹

    ・ビニヤム ギルマイ🇪🇷

    ・私

     

    以上6人は一足先にキャンプを切り上げ、チーム拠点のマルセイユに帰ってきました。

     

     

    明日の朝の飛行機で、ガボン共和国へ向かいます。

     

     

    そんな今日は、新たに追加でチームキットが到着。

     

    《モデルはルームメイトのビニヤム(19歳)》

     

     

    ウェア、サングラスはフランスのメーカー「ekoi(エコイ)」を使用します。

     

    日本では取り扱い店がなく、あまりメジャーではありませんが、クイックステップの選手やAG2R、アルケアサムシック等も使用する人気メーカーです。

     

     

    去年までこのチームはヘルメットもekoiでしたが、今年からはKABUTOを使用します。

     

     

    日本人としては頭にフィットして嬉しいところ!

     

    他に日本のメーカーで加わったのは、ステッカーで知られるアスレチカ、ソックスのR×L(アールエル)、輪行箱のBTB様に支えて頂きます。

     

     

     

    またバイクのインプレ、その他チームキットの紹介も少しずつしていきたいと思います。

     

     

    それでは、マラリア蚊と病気に気を付けて行ってきます🇬🇦

     

     


    TTバイクセッティング

    0

      こんにちは。

       

       

      今日は軽めに1.5hのトレーニング。

       

       

      途中、空からの爆撃をくらって凹んだ私です。

       

       

       

      ウンが付いてるという事にしておきましょう…

       

       

       

      そんな今日は、メモ書きとして昨日のTTバイク紹介。

       

       

       

      フレームはMERIDA WARP TT。

       

      増田さんは届いたばかりの新型に乗ってました(羨ましい(笑)

       

      ホイールは後輪シマノプロのディスク、フロントはバトンホイールと悩みましたが、登りがあるのと、風も強かったので、C60をチョイス。

       

       

      ギアはフロント55-42T、リアは11-30T。

       

      全部アウターで行けるように、ローギア30を用意しました。

       

       

      タイヤはパナレーサーで前後ともに7気圧。

       

       

      ボトルは雨だったので腹をくくってノーボトル。

       

       

       

      ハンドルは譲さんの私物を勝手に借りパク(知らずにすみませんでした💧)して、シマノプロのスキーベントタイプを使用。

       

       

      今までは首下がりのステム等でハンドルを下げてましたが、今年はアップダウンが多いので高めにセッティング。

       

       

      その代わりに幅はマックス狭くして、両肘がくっ付く程に。

       

       

       

       

      他にTT用で変えたところは、シューズのクリート位置。

       

      ネジ穴も3段階中一番後ろ。

       

      そしてクリートも一番後ろの土踏まず寄りにセッティング。

       

       

      シッティング高トルク仕様。(脚は回らなくなる)

       

       

       

      これは人それぞれ好みが分かれるところなので参考になるかは不明。

       

       

       

      以上、覚え書きでした。

       


      最近のレース機材紹介

      0

        こんにちは。

         

        皆さん素敵なゴールデンウィークをお過ごしですか?

         

        天気悪いですけど…

         

         

         

        ゴールデンウィークとは無縁な僕ら、いやむしろ考えようによっては毎日がゴールデンな僕らは、いつも通りの日々です。

         

         

        そんな今日は雨なので、家でZwift。

         

        これを見越して昨日練習したので、今日は回復走です。

         

         

        あの思い出すだけで脚パンになるリッチモンド世界選コースを走っていると、R.ONODERAなる人が今日のランキングに表示されており、何だかプレッシャー。

         

         

        こっちはゆっくり走るんじゃ。

         

         

        そんな休日です。

         

         

         

        話は変わりますが、タイトルにもあるように、今日はチャレンジロード、広島、群馬で使用した機材を紹介したいと思います。

         

        《チャレンジロード》

        《広島ロード》

         

        この2戦は、機材チョイスは全部同じでした。

         

        (違うとすればシューズとサングラスの色)

         

        フレームは軽量モデルのスクルトゥーラで、ホイールは前後C40カーボン。

         

        中里メカには、この仕様で丁度UCI規定の6.8kgになるように重りを入れて調整してもらっています。(軽すぎる)

         

        ギアはフロント53-39のリアは11-30。

         

         

        それなりに暑かったので、ヘルメットも軽量モデルのLAZER Z1をチョイス。

         

        《群馬》

         

        続いて先日の群馬は、エアロモデルのリアクトをチョイス。

         

         

         

         

        登りが短く、フラットに近い群馬CSCでは、軽さで得られる恩恵よりも、スプリントの伸びや巡行スピードが求められるので、ホイールもフロントはC60に、リアだけC40に。

         

         

        この仕様でだいたい7.2kg程。

         

         

        ギアはフロントが54-39、リアが11-30。

         

        リアに30があればインナーを使う必要もなく、心臓破りの坂の頂上で変速しなくて済む。

         

         

        そしてゴールスプリントでは70km/hに達したため、アウターに54Tがあったのは助かった。

         

         

        ヘルメットも今回はLAZERのエアロモデルbulletをチョイス。

         

         

        本当に小さな差で決着が付いたレースだったので、ホイール、ヘルメット、ハンドル投げのタイミング、どれか1つ欠けていたら負けていたかもしれない。

         

         

        機材のチョイスも成績を左右するのは、機材スポーツの面白い所であり、難しいところですね。

         

         

         

         


        南大門とか最高かよ

        0

           

          「ザ グランドスパ南大門」が、この度チームのスポンサーに⤴️⤴️

           

          元々温泉好きで、疲れた日には頻繁に行っていた私、これは嬉しい。

           

           

          お風呂もサウナもグランドサイズな南大門、リラクゼーションコーナーや遊びコーナー、食事も充実の施設。

           

          回復日には一日中入り浸ってしまいそうです。

           

           

           

           

          有りがたく利用させていただきます(^人^)


          ツールドとちぎ使用機材まとめ

          0

            こんばんは。

             

             

            ツールドとちぎの余韻を残しつつ、いつもの日常に戻ってきた私です。

             

             

            そんな今日は、3日間で使用したバイクの細かいセッティングを書きたいと思う。

             

             

             

            《photo by cyclowired》

             

            今回のステージレースは、スピードが要求される場面が多く、3日間共に「リアクト」をチョイス。

             

            ステムは100mm、ハンドル幅は380mmである。(easton)

             

            因みに去年のツールドとちぎはハンドル幅400mmを使っており、エアロタイプのハンドルを使用していたが、エアロモデルはラインナップに380mmが無いため、ポジション的な空力を優先して今回は380mmに。

             

            フロントギアは54T-39T。

             

            スクルトゥーラはアウター53Tにしているが、平地重視のリアクトは去年からずっと54Tを使っている。

             

             

            初日のTTは前後輪C75で、TTヘルメットではなく、ロード用エアロヘルメットのbulletをチョイス。

             

            2日目の矢板ステージは、前後輪C60を使用。

             

             

            3日目の那須烏山〜足利ステージは、前輪C60の後輪C40という組み合わせ。

             

            スプロケットは11T-30Tという幅広目なセッティングに。

             

            最大勾配18%の羽鶴峠対策で、30Tというギアを用意したが、ペースが早かったのでインナーすら使わずに終わってしまった。

             

             

            修善寺や群馬、今回の羽鶴峠のように、頂上でもう一踏み必要なコースだと、なるべくフロントギアの変速をしたくないので、登りでもアウターローで走ることが多い。

             

            なので30Tがあると便利である。

             

             

            欠点は、一段一段の変化が大きくなるので、適正ギアがないと困ること。

             

            因みに僕はあまり気にならないタイプです。

             

             

             

            このセッティングが最適解だったかどうかは、僕にも分かりませんが、自分のメモとして残しておこうと思う。

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ゼロから始める〇〇
              元DEV
            • ゼロから始める〇〇
              Life
            • Tour du Haut Var第1ステージ
              Life
            • Trofeo Laigueglia(1.Pro)
              Life
            • Trofeo Laigueglia(1.Pro)
              KS
            • ご心配おかけしております。
              Life
            • ベッセージュ終了
              KS
            • ベッセージュ終了
              Life
            • ベッセージュ第3ステージ
              太陽系調査員くん
            • ベッセージュ第4ステージ
              Life

            links

            profile

            書いた記事数:181 最後に更新した日:2020/02/26

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM