緊急帰国。

0

    こんばんは。

     

    前回の更新から暫く経ちましたが、その間に状況は色々変わりました。

     

     

     

    まず3月12日にマルセイユに戻ってきた私は、息づく間もなくオランダのレースに出走するべく、翌朝の飛行機でアムステルダムへ。

     

     

    結局レースは中止になり、その後全てのスポーツイベントが最低1ヶ月間中止or延期になりました。

     

     

    そんなわけで、アムステルダムからチームの車でフランス北部に一泊し、そこからまたマルセイユまで長いドライブで帰宅。

     

     

    コロナウィルスの被害はヨーロッパ内で急速に拡大し、フランスのマクロン大統領が言うように「我々は戦争の最中にいる」状況。

     

     

    スーパーマーケットや病院、ガソリンスタンド等の生活に欠かせないものを除き、全てのお店は営業停止になり、屋外でのトレーニングすらも禁止令が出てしまいました。

     

     

    全てのプロスポーツは、平和の中でこそ成り立つ職業。

     

     

    この混乱が収まるまで、レース活動は休止です。

     

     

    このままフランスにいると、日本に戻れなくなるリスクがあったため、一昨日に急遽帰国が決定。

     

    昨日朝4時に家を出て、空港閉鎖になる直前に滑り込み帰国。

     

     

    今日無事に日本に戻りました。

     

    (途中経由したアブダビの空から)

     

     

    これから先のスケジュールは、今は誰にも分からない状況ですが、シーズンInして1月半で既に20レースを終え、心も筋肉も怪我もズタボロだった私にとっては、復活のための良い機会かもしれません。

     

     

     

    とりあえず帰国後14日間は家で大人しくします…

     

     

     

     

    またいつか。

     

     

     


    僅かな休暇を終えて

    0

      こんにちは。

       

       

      ツールド台湾を終えて、普通なら6日の便でフランスに戻る予定でしたが、せっかくアジアに来たと言う事で、台湾からフランスに戻る便を11日に変更してもらい、その間の僅か5日程度でしたが、こっそり日本に帰っていました。

       

       

      久々に実家に帰り、確定申告を提出し、少しばかりリフレッシュ休暇。

       

       

      連戦の疲れと度重なる怪我で、今は前に進める(トレーニングできる)状態じゃないけれど、今が助走だって言い聞かせて、またフランスに戻ります。

       

       

       

       

       

      チームが取ったチケットはマルセイユと台湾の往復便なので、台湾と成田の往復便を個人的に取った形です。

       

       

      そんなわけで私は、台湾に再び来ております。

       

       

      フライトキャンセルやらの都合で、早めの便で来ざるを得なかった私、自転車とスーツケースを受け取り、身軽とは言えない状況の中、台北桃園空港にて8時間待ちです(笑)

       

       

      このあと、またイスタンブール(トルコ)を経由してマルセイユに戻ります。

       

       

      そして、キツイことに13日早朝の飛行機でオランダへ。

       

       

      次のレースは14日のBevrijdingsronde van Drenthe (UCI1.1)リンク

       

      その後も怒涛のベルギークラシック連戦。

       

      スケジュール鬼ですか?

       

      と言いたくなるが、それが仕事だ、と言われてしまえば仕方無し。

       

       

      ツールド台湾から自転車に乗れてない上に、時差ボケと移動疲れMAXですが、もう割切るしかありませんね。

       

      こんな経験ができるのも今だけだと思って。

       

       

      それではまた

       

       


      台湾にやってきました。

      0

        こんばんは。

         

        そんな訳で、次のレースはツール・ド・台湾(UCI2.1)

         

         

        実を言うと、日本以外のアジアツアーが初めての私。

         

        台湾にも初上陸です。

         

         

        しかしまぁ世間を騒がせて止まないコロナウィルスの影響で、来たは良いが帰れるのか?とか、無事にレースが出来るのか?と、多方面に影響が出ています。

         

        実際問題、UAEツアー期間中に感染者が出て、レースが中止になった上、選手全員が隔離状態になっているとか‥

         

         

        フランスの田舎に住んでいた私は、正直今まで危機感がなかったのですが、外出して事の大きさに気付いた次第。

         

         

        ともあれ、昨日の17:45発の飛行機でマルセイユを立ち、イスタンブールを経由して、今日の夕方18時に台北の空港に到着。

         

         

        長かった。

         

         

        フランスとは時差+7時間、日本とは-1時間。

         

         

        レースは明後日3月1日から5日間です。

         

         

        ヨーロッパからアジアに来るのは時差ボケがキツいんですよね‥😂

         

         

         

         

        チームメンバーは写真のとおり。

         

        ランカウイでステージ優勝した中根さんを総合リーダーに、スプリンター向けのステージではエドワード・グロスでステージ優勝を狙います。

         

         

        怪我からの復帰戦となるデリオ・フェルナンデス、そして石上と共に、チームで戦います。

         

        そして監督は水谷監督。

         

        見ての通り日本人が多い布陣ですが、日本チームからもブリッツェン、チーム右京が来ており、久々の元チームメイトとの再会が楽しみです。(ホテル到着が遅かったのでまだ会っていない)

         

         

        体調に気を付けつつ、良いレースになる事を願います。

         

        それでは


        明日からツール・ド・オーヴァール(UCI2.1)

        0

          こんにちは。

           

           

          イタリアの1dayレース、ライグーリアを終えて、中4日、次のレース「Tour des Alpes-Maritimes et du Var」の舞台となるカンヌという街に来ております。

           

           

           

          家から更に100kmほど東へ車を走らせ、1時間ちょいで到着。

           

           

          海沿いの美しい街です。

           

           

          その前に、今週の出来事を振り返り。

           

           

          《ビニアム&ムルー》

           

           

          チームハウスでは、相変わらずこのアフリカンコンビと共同生活。

           

          メニューは違えど、練習も一緒に行くことが多いです。

           

           

          二人ともめちゃ脚が長くて細い。

           

          羨ましい。

           

           

           

          それはともかく、凄いポテンシャルを持った選手が身近にいるのは有難い環境です。

           

           

          そんな彼らはツール・ド・ルワンダへ。

           

          2チームに分かれて戦います。

           

           

           

          《ラインナップ》

           

          レース名が長いので、Tour du Haut Var(ツール・ド・オーヴァール)と皆よんでいる。

           

           

          全3ステージ共に、厳しい山岳ステージ。

           

          昨年総合7位に食い込んだJulien EL Fares(通称ファファ)を中心にチームは戦います。

           

           

          僕はと言えば、まだ身体も万全でない上に、スタートリストと高低図を見て絶望しそうになったが、可能な限りチームのサポートをして、最後まで走りきれるように頑張りたい。

           

           

          ではまた。

           


          ご心配おかけしております。

          0

            こんにちは。

             

            ガボンで落車してから、やっと皮膚が全部再生して喜んでいた矢先、再び怪我をした私です。

             

             

            レース前々日の刺激入れとして、短時間高強度のメニューが組まれていた昨日。

             

             

            今年の中では良い数値でメニューをこなせて、後は帰るだけというタイミングで、草むらから出てきた毛のふさふさした小動物が前輪にヒットし、気が付いたら顔面から地面にダイブ。

             

             

            たまたまグローブを脱いでいたため、手のひらの皮もズルズル(T_T)

             

             

             

            起き上がると、顔からポタポタ血が垂れている😱

             

             

            もしかして結構ヤバい?と焦ってヘルプを呼ぼうかと思ったが、携帯は圏外。

             

             

            後から気がついたが、フランスSIMカードにチャージするのを忘れていた私(汗)

             

             

            その後まる一日インターネット難民に。(やっとネット復活!)

             

             

            そんな訳で、傷口を押さえて止血した後、ゆっくり自力で家に帰宅。

             

             

            幸いにも骨折はなく、「痛みに耐えればレースも走れるだろうから、とりあえず行こうか」とチームドクター😂

             

             

             

             

            そんな訳で、今は「トロフェオ・ライグーリア」に向けてイタリアへ移動中。

             

             

            登りの多い203km、しかもプロシリーズ(ベッセージュよりもワンランク上)なので、めちゃくちゃきつい事間違いなし。

             

             

            少し肩の力を抜いて行きたいところ。

             

             

             

            snsでの励ましメッセージ、ありがとうございます!

             

             

            笑う門には福来たる精神で、気持ちだけでもポジティブに、悪い流れを断ち切りたい🤪



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:191 最後に更新した日:2020/04/01

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM