北フランスのクラシックへ

0

    こんにちは。

     

    明日のレース「グランプリ・イスベルグ」のため、北フランスにやって来ました。

     

     

    位置的にはベルギーまでもう少し。

     

     

    フランスを縦断する形でしたが、今回はマルセイユからリールまで飛行機で一本だったので、移動もスムーズに済んで良かったです。

     

     

     

     

    メンバーは好調のグロスや、ピエールらスプリンターを中心とした編成で、レースとしても北フランスらしい平坦基調のレースですが、過去のリザルトを見ると、マッツ・ペテルセンやフィリップ・ジルベール等が優勝者に名を連ね、完走者も半分以下の厳しいレースのようです。

     

     

    個人的にはポワトー・シャラント以来20日ぶりのレースで、少し間は空きましたが、トレーニングも継続出来たので良い走りをしたいところ。

     

     

    リストを見ると、NTTプロサイクリングからは入部選手もエントリーされており、少し楽しみです⤴

     

     

    200kmと長丁場なので、集中力を切らさず最期まで頑張りたいと思います。

     

     

    それではまた!


    魔の山へ

    0

      こんにちは。

       

       

      ブルガリアからフランスの家に戻り、暫しの羽休め。

       

      チームメイト達も、それぞれのレースで活躍する中、この数日は中根さんと2人。

       

       

       

      先日はDELKO社長夫人Marieの為に日本食(カレーライス)を振る舞いました。

       

       

      フランス人は辛いものがわりと苦手で、どうやって辛味を誤魔化すか試行錯誤(笑)

       

       

      デリシュー!っと言って食べてくれたので良かった👍

       

      今日はライ麦系のバゲットを焼きました。

       

      オーブンが導入され、料理の楽しみが増えました。

       

       

      選手を辞めたら「フランスで修行してきました」を謳い文句にパン屋を開くか…

       

      (嘘は言ってない)

       

       

      とまぁ冗談はさておき、次のレースも迫って参りましたので告知。

       

       

       

       

      お次のレースはなんと超山岳レース「モンヴァントゥー・チャレンジ」

       

      ツールでも有名なモンヴァントゥーを2回も登る、獲得標高4000m超えの1DAYレースです。

       

      僕以外はクライマーの布陣で、正直僕向きのレースではありませんが、自分に任せられた事を少しでも出来る様に頑張りたい。

       

       

      レースは明後日〜

       

      それではまた。

       

       

       

       

       


      再出撃

      0

        こんにちは。

         

         

        ブログの方は大変ご無沙汰してしまい、気が付けば6月も今日が最終日。

         

         

        日本は絶賛梅雨の真っ最中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

         

         

        (流行りの某App)

         

        私は相も変わらずコーチから送られてくるメニューを1人黙々とこなす日々。

         

        地味な毎日に心なしか老け込んだ気がします....

         

         

         

        とまぁ冗談はさておき、そんな私にも社会復帰の日が迫ってきました。

         

         

        昨晩、忘れ物をしまくる夢を見て魘されたばかりなので、荷造りも慎重に(笑)

         

         

         

         

        明日の飛行機でフランスに渡ります。

         

         

         

        まずはチームキャンプから始まり、シーズン再開に備えます。

         

         

        日本のUCIレースは、既にほとんど中止が発表されてしまったので、恐らく状況が悪くならない限りシーズン終了までヨーロッパ拠点になるでしょう。

         

         

        出場予定のレースも聞いてはいますが、開催の可否もわからない状況なので、追ってお知らせしたいと思う。

         

         

         

        しかし久しく引き籠っていたお陰で、ずっと休んでいた職場に久々に顔を出すような気分(;´Д`)

         

         

        半分は不安、もう半分はリベンジ精神――欧州再挑戦の岡篤志、シーズン再開を待ちながら

         

        そういえば先日、電話取材を受けまして、記事にして頂いたので宜しければ☝

         

         

         

         

        この空白の3か月半が、良い方向に転じることを願って、また戦地に赴きたいと思う。

         

         

        それではまた。

         

         


        移籍のきっかけをくれたレース

        0

          こんにちは。

           

           

          緊急事態宣言のなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。

           

           

          フランスをはじめ、ヨーロッパ諸国でもロックダウンが解除され、外でのトレーニングが可能になったりと、徐々に良くなってきているのでしょうか。

           

           

          暫定ではありますが、UCIのレースカレンダーも発表され、8月のシーズン再開を目指す形となりました。

           

           

          もちろん、今後の状況次第で、変更になる可能性も大いにあります...

           

           

          日本でも、すでに中止が発表されたレースも多々。

           

          高校生にとっての大一番であるインターハイ等も、中止になってしまいましたね。

           

          僕は実業団出身なので、気持ちが分かるとは言えませんが、進学や就職にも関わってくる大事な時期に、こうしてチャンスが奪われてしまうのはやるせないところ。

           

           

          昨日はツールド北海道の中止もアナウンスされました。

           

           

          (昨年大会)

           

          実をいうと、このレースがなかったら、僕はこのチームにいなかったと言っても過言ではありません。

           

           

          初日の勝ち逃げに乗り遅れ、総合成績としては最悪だったのですが、逆に長時間全力で集団牽引をしたことで、同じ集団にいた選手から高評価を貰ったことが移籍のきっかけになりました。

           

          とくに、当時NIPPOだったファンホセ・ロバト選手の後押しが大きかった。

           

           

          もちろん成績を出すことが重要な世界ですが、時にセコく勝つより、男らしく散った方が先につながることもあるのがロードレース。

           

           

          とはいえ、先に進んだが故の苦労が半端ない現状。

           

          後悔はないが、後退しないように踏ん張りたい。

           

           

           

           


          緊急帰国。

          0

            こんばんは。

             

            前回の更新から暫く経ちましたが、その間に状況は色々変わりました。

             

             

             

            まず3月12日にマルセイユに戻ってきた私は、息づく間もなくオランダのレースに出走するべく、翌朝の飛行機でアムステルダムへ。

             

             

            結局レースは中止になり、その後全てのスポーツイベントが最低1ヶ月間中止or延期になりました。

             

             

            そんなわけで、アムステルダムからチームの車でフランス北部に一泊し、そこからまたマルセイユまで長いドライブで帰宅。

             

             

            コロナウィルスの被害はヨーロッパ内で急速に拡大し、フランスのマクロン大統領が言うように「我々は戦争の最中にいる」状況。

             

             

            スーパーマーケットや病院、ガソリンスタンド等の生活に欠かせないものを除き、全てのお店は営業停止になり、屋外でのトレーニングすらも禁止令が出てしまいました。

             

             

            全てのプロスポーツは、平和の中でこそ成り立つ職業。

             

             

            この混乱が収まるまで、レース活動は休止です。

             

             

            このままフランスにいると、日本に戻れなくなるリスクがあったため、一昨日に急遽帰国が決定。

             

            昨日朝4時に家を出て、空港閉鎖になる直前に滑り込み帰国。

             

             

            今日無事に日本に戻りました。

             

            (途中経由したアブダビの空から)

             

             

            これから先のスケジュールは、今は誰にも分からない状況ですが、シーズンInして1月半で既に20レースを終え、心も筋肉も怪我もズタボロだった私にとっては、復活のための良い機会かもしれません。

             

             

             

            とりあえず帰国後14日間は家で大人しくします…

             

             

             

             

            またいつか。

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:227 最後に更新した日:2020/09/21

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM