ベッセージュ第2ステージ

0

    今日は156kmで約2000mの獲得標高、多少の起伏はあるが、風も穏やかなので、スプリンター向けのステージ。

     

     

    とはいえ、ラスト5kmから始まる、3kmの登りを超えた先にフィニッシュラインがあるので、そこで残らなければ勝負できない。

     

     

    僕を含め、昨日のステージで遅れてしまったメンバーは、今日は逃げのチャンスもあるのでチャレンジすること。

     

    最後はスプリンターのバルビエをエースに、サポートすること。

     

    レースがスタートすると、今日は逃げたい選手も多く、簡単には決まらない。

     

     

    前半は道も悪く、車の減速用バンプをジャンプしたり、落下して転がるボトルをかわしたり、気の抜けない集団で逃げのチャンスを伺う。

     

     

    悪路から広い道に出たタイミングで、4人のアタックを見送り、先頭が集団をブロック。

     

     

    そのタイミングで、別府さんが最終便で単独ブリッジ。

     

     

     

    逃げに乗ってくれた。

     

     

     

    その後はリーダーチームのFDJがコントロールする展開でタイム差も5分程度で安定し進む。

     

     

    しかしやはり後半にかけて一気にペースが上がり、道が細くなる街中からの登りでは脚を削られながら、ラスト20km程で逃げも吸収し、そこからペースが落ちることはなかった。

     

     

     

     

    自分に与えられた仕事は、エースを良いポジションで登りに導くことであったが、それ以前に自分自身のポジショニングが悪く、最後まで役に立てずに、ラスト3kmあたりで集団からもドロップ。

     

     

     

     

    チームとしては、バルビエが7位、ビニアムが10位、マウロが15位と、手応えも感じたステージでした。

     

     

     

    個人的には、あまり評価できる事はなく、情けなさが勝るけれど、昨日よりは良かったと言って貰えたので、前向きに考えたい。

     

     

    正直コンディションは今年に入って低空飛行が続いているけれど、そんな言い訳が通用するのは一回でもまともな走りを披露してからなので、ある程度危機感をもって残りのステージを走りたい。

     

     

    明日はもっと役に立てるよう頑張りたいところ。

     

     

    それでは。

     

     


    コメント
    岡ちゃん、こんにちは
    お疲れ様です。

    チームのみんな別れて各
    レースで戦っている、
    みんなで頑張って欲しい。

    明日頑張ろう、365日の
    紙飛行機の曲じゃないけど。

    下を向かずに前を向いて行きましょう。
    岡ちゃんから、いつもパワーわー
    いただいております。
    日本からファイト!岡篤志選手
    頑張ってください。

    • KS
    • 2020/02/07 3:20 PM
    大丈夫。みんな待ってるから。自分を信じて。焦らないで!
    • Life
    • 2020/02/07 1:57 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:191 最後に更新した日:2020/04/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM